リンク集

40坪からの土地活用

社名の由来

ワンニャンブログ

社名の由来

HOME > 社名の由来

社名の由来  アール サポート&システムズについて

1.“R(ア―ル)”の視点で発想する

 循環型社会の形成にあたり3R(※1)の考え方が提唱されていますが、今日社会全体を“R”の
視点で見直す動きが活発になっているように思えます。特に建築・不動産業界においては、人口減
少高齢化社会、物件の供給過剰、地価の継続的下落を背景として、中古物件のリフォームはもとよ
り、リノベーション(※2)という概念が定着しつつあり、ストック活用ビジネスも活況を帯びつ
つあります。
 アール サポート&システムズもこの“R”の視点に立ち、再生・活用が行われず、休眠状態にある
建物・不動産のオーナーに対し、再生や活用のサポート・コンサルティング事業を展開することで、
社会インフラの構築に寄与し、街並みやコミュニティづくりに貢献して参ります。

※1…3RとはReduce(リデュース 減らす)、Reuse(リユース 何度も利用)、Recycle(リサイクル 再資源化)のこと。
     その他にも repair rethink reform restore regeneration等の言葉がある。
※2…刷新、革新、修理、改造の意味。新築時の目論見とは違う次元にまで、改修を行うこと。

2.AR=Architecture【建築】+Realestate【不動産】の視点に立つ“ワンストップ”コンサルティング

 カスタマー(顧客)の利益を最優先した場合に、建築的価値の視点と不動産的価値の視点を融合させた複合的な視点が重要であると考えます。身近な例として土地活用を挙げれば、所有する不動産(土地)にアパート・マンションを計画する場合、建築事業者のみの視点に立てば建築を推進するところ、建築・不動産事業者の視点に立てば賃貸マーケットとしてポテンシャルが高いエリアへ不動産(土地)を買い替えた上での建築事業推進を提案することが可能となります。結果としてカスタマー(顧客)のメリットや利益が最優先された提案が可能となります。
 アールサポート&システムズでは、カスタマー(顧客)の状況によって、ニーズを的確に捉えた最適コンサルティングサービスを提供し、新時代の新しい不動産流通システムの構築に努めて参ります。

2.AR=Architecture【建築】+Realestate【不動産】の視点に立つ“ワンストップ”コンサルティング

  • 会社案内
  • アクセス
  • プライバシーポリシー
  • お問合せ

Copyright (c) 2011 株式会社アール サポート&システムズ. All Rights Reserved.

Admin Login

このページを正常に閲覧するためには、最新のFlash Playerが必要です。こちらからダウンロードしてください。

▲ ページの先頭へ▲ ページの先頭へ